株オンライン投資顧問

日本株

投資信託は、投資対象によっていくつかの種類に分けられる。日本で人気が高いのは、海外債券で運用する毎月一定の分配金が支払われるタイプ。比較的利回りの高い分配金を小遣いや生活費の足しとして使える。

初心者が運用の基本としたいのは、日本株(国内株式型)の投資信託だ。

国内株式型には、独自の方針で運用する「アクティブ型」と、東証株価指数(TOPIX)や日経平均株価など、株式市場全体の動きと同じ値動きをする「インデックス型」がある。初心者はインデックス型を選ぶといいだろう。どの証券会社、銀行でも必ず一種類はこのタイプを販売しており、郵便局でも扱っている。

海外の株式で運用する投資信託

海外の株式で運用する投資信託では、インド、中国、ブラジル、東欧など経済成長が著しい国に投資する商品が注目されている。これら新興市場国の株式は値動きが大きく、高い値上がり益が期待できるが、大きく値下がりする可能性もあるので注意したい。

海外型の投資信託なら、値動きが安定している米国や欧州、あるいは世界全体に投資するグローバルタイプから選ぶのが安全だ。ただし為替レートの変動で利回りが変わる「為替リスク」があることも覚えておこう。

金融広報中央委員会が発表した「家計の金融資産に関する世論調査」によると、金融資産全体に占める投資信託の割合(単身世帯を除く)は、2・4ポイント増の4・8%に拡大した。投資信託協会が発表した投信概況でも、株式投信残高が5カ月連続で過去最高を更新。初めて50兆円の大台に乗せるなど人気を集めている。